NEW
2020年5月19日
2020年5月19日
  • 文字サイズ
  • 印刷

感染症への差別・偏見をなくすためには過去の失敗の教訓を活かせ

大平勝美氏(社会福祉法人はばたき福祉事業団理事長)
インタビューズ(2020年5月19日)

 ハンセン病、エイズ、新型インフルエンザ等々。感染症に対する偏見・差別の問題が繰り返し問題とされてきた。今回の新型コロナウイルス感染症についても、感染者や感染疑いのある人、医療関係者などに対する偏見・差別が報道されている。

 1980年代、輸入血液製剤からエイズウイルスに感染した被害者の大平勝美氏は、社会全体がエイズパニックとなるなか、もっとも医療を必要としている患者を大切にしない社会のあり方に疑問を持ち、その後も、当事者団体の理事長として発言を続けてきた。

 その大平氏は今回の新型コロナウイルス感染症に対する国の施策は、過去の失敗から教訓を学んでいないと厳しく指摘する。なぜ感染症に対する偏見はなくならないのか、政府が行うべき施策とは何で、課題は何か、はばたき福祉事業団理事長の大平勝美氏に、ジャーナリストの迫田朋子が聞いた。

 
社会福祉法人はばたき福祉事業団理事長
1949年東京都生まれ。血友病のため幼少期から関節内出血を繰り返し、輸血などの治療をつづけてきた。80年代初頭、アメリカ製の非加熱濃縮血液製剤からHIVに感染、85年に自らの感染を知る。89年薬害東京HIV訴訟に原告の一人として参加、96年和解成立。97年薬害エイズの当事者支援のための「はばたき福祉事業団」を設立し、理事長に就任。2006年社会福祉法人に認可。

 

マル激放送1000回記念 記憶に残る番組推薦応募フォーム

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除