2002年11月8日
  • 文字サイズ
  • 印刷

それでも狼は来る

金子勝氏(慶応大学教授)
マル激トーク・オン・ディマンド 第87回

 繰り返し流布される危機説に、私たちは感覚が麻痺している感すらある。しかし、慶応大学の金子勝教授は、「それでも狼(危機)は必ず来る」と断言する。過去の失政の分析や責任の所在を明らかにすることなく、場当たり的な対応を繰り返してきた日本経済に、いよいよ限界がきている。経済を立て直し、無秩序化するグローバル化の波に抗するために今、何が求められているのか。金子教授とともに考えた。

  • 登録
  • 解除