2003年7月11日
  • 文字サイズ
  • 印刷

政治を変えるために 私たちに何ができるか

山口二郎 北海道大学教授 (政治学)
マル激トーク・オン・ディマンド 第121回

 内政的にも外交面でも、日本は多くの問題に直面している。 しかし、当の政治家たちは、国益を無視した私利私欲の争いを繰り返し、メディアも相も変わらず政策そっちのけで、政局情報の垂れ流しを続けている。その一方で、十分な議論も ないままに重要法案や政策が次々と実行に移されて、野党は未だに対抗勢力となり得ていない。どうすればこの現状を打破できるか、山口教授とともに考えた。

  • 登録
  • 解除