2003年9月5日
  • 文字サイズ
  • 印刷

ナショナリズムのゆくえ

香山リカ氏(精神科医)
山口二郎氏(政治学者)
マル激トーク・オン・ディマンド 第129回

 靖国参拝にこだわり、有事法制やイラク特措法を立て続けに制定した上に憲法改正の可能性さえ模索する小泉政権が、依然として高い支持率を維持している。一方、個人レベルではW杯やその後の9・11テロ、そして拉致問題などが、日本人のナショナリズムを強く刺激する。 果たして日本には新しいナショナリズムのうねりが起きつつある のか。 プチ・ナショナリズムを世に問う精神科医香山リカ氏と、閉塞状態の日本に処方箋を提示できない政治の現状を憂う政治学者山口二郎氏をゲストに、スペシャル番組として札幌からお送りする。

  • 登録
  • 解除