2004年9月11日
  • 文字サイズ
  • 印刷

NTTの民営化失敗の教訓

町田徹氏(経済ジャーナリスト)
マル激トーク・オン・ディマンド 第181回

 1985年のNTT民営化から早くも19年が過ぎたが、依然としてNTTの圧倒的な市場支配が続き、結果的に日本の電話料金は携帯、固定ともに世界でも最も高い水準にとどまっている。
 果たしてNTTの民営化は失敗だったのか。日経新聞記者として長年NTTを取材してきた経験をこのほど著書「巨大独占-NTTの宿罪」にまとめた町田徹氏は、NTTの抜きんでた政治力が、NTTの実質的な独占状態の固定化を許していると指摘する。
 しかし、そのNTTの牙城を崩すべく、ソフトバンクが固定、携帯の両分野への参入機会を探るなど、ここに来て新たな変化の兆しも見られる。
 NTTはその政治力で、ソフトバンクの新規参入の機会も退け、通信市場の独占を今後も続けるのか。あるいは、ヤフーBBで一つの時代を築いたソフトバンクが、電話事業にも一石を投じることになるのか。
 20年以上も前に、電話市場に競争政策を導入し、見事に成功したアメリカの実例を通じて、国有独占企業の民営化のあるべき姿と、郵政民営化における教訓とは何かを考えた。

  • 登録
  • 解除