2015年4月11日
  • 文字サイズ
  • 印刷

われわれはどこから来たのか
- 生命宇宙起源説を考える

松井孝典氏(千葉工業大学惑星探査研究センター所長)
マル激トーク・オン・ディマンド 第731回

 地球上の生命体の起源が宇宙にあるという説があるのをご存じだろうか。
 これはパンスペルミア説と呼ばれるもので、地球上の生命は独自に地球上で生まれ、その後進化を遂げてきたものではなく、その起源は隕石やチリなどに付着して宇宙から運ばれてきた生命体にあるとの仮説に基づき、さまざまな研究が行われている。
 宇宙人話となるととかくSFや映画の中のエイリアンのような姿を想像してしまうかもしれないが、パンスペルミア説では、宇宙から地球に最初に運ばれてきた生命体の起源は、細菌やウイルスのような微細生物か、もしくはその元になるような生命体の基礎になるような構造を持ったものだったと考えられている。それが地球上で独自の進化を遂げ、今日に至るというものだ。
 そして今、このパンスペルミア説が現在の宇宙科学の中の、とりわけアストロバイオロジーと呼ばれる分野の研究では、非常に有力な仮説になりつつある。NASA(アメリカ航空宇宙局)のチーフサイエンティストがこの4月7日、10年以内に地球外生命体の有力な兆候がつかめるとの見通しを示すなど、今やNASAの宇宙研究プログラムの最大の目標が地球外生命体の存在を証明することにあると言っても過言ではない。
 アストロバイオロジーの第一人者で、世界的な権威でもある松井孝典氏(東大名誉教授・千葉工業大学惑星探査研究センター所長)は、そんなパンスペルミア説を提唱する科学者の一人だ。そもそも地球上でランダムにタンパク質の合成が進んだ結果、今日のような生命体が偶然組成される可能性は、数学的には10の4万乗分の1程度の確率しかない。地球の誕生から46億年しか経っていないことを考えると、その限られた時間内に10の4万乗分の1の確率でしか起こりえない組み合わせが偶然実現すると考えるには無理がある。しかし、もし宇宙に地球と同じような惑星が無数にあるとすれば、そのどこかの惑星でそれが実現する可能性は十分にあり得ることとなる。
 ただし、生命体が宇宙から飛んできたという仮説を証明するためには、まずバクテリアやウイルスなどが何らかの形で惑星の大気中から宇宙空間に飛び出していく可能性があることを証明する必要がある。その上で、その粒子が宇宙線や光の圧力などによって宇宙を浮遊し、引力や磁界の力で地球に落ちてくるメカニズムが存在することを証明しなくてはならない。
 そして、松井氏は「スリランカの赤い雨」が、その仮説を裏付ける有力な証拠を提供してくれる可能性があるとして、目下、その研究を鋭意進めている。「スリランカの赤い雨」というのは、2012年にスリランカの北中部州からウヴァ州にかけての地域で降った赤色をした雨のことで、松井氏は既に、雨が赤く見える原因を作っている数ミクロンサイズの赤い雨の粒子が、地球由来のシアノバクテリアと同じ遺伝子構造を持つ生命体であることを突き止めている。地球上の最古の生命体を考えられているシアノバクテリアは通常は緑色だが、強い紫外線を浴びると赤色に変色する。これは地球上のシアノバクテリアが何らかの形で宇宙空間に達して生存し続け、そこで強い紫外線を浴びた上で、何らかの形で雨の粒子となって地球に降り注いだことの証左になり得るというのだ。
 それが証明されれば、少なくとも惑星に存在するバクテリアや細菌などの生命体が宇宙空間に飛び出すことがあり得ることの裏付けとなる。一旦宇宙空間に出れば、宇宙空間内を移動するメカニズムは比較的容易に証明できるので、スリランカの赤い雨はパンスペルミア説、すなわち最初に生命体が宇宙から地球に舞い降り、それが地球上で進化を遂げた結果、今日の人間も他の生物も存在するという仮説の有力な裏付けとなり得ると、松井氏は言う。
 今日、アストロバイオロジーの世界では、かつての常識や定説が次々と否定されている。約6550万年前に恐竜が絶滅したのは斉一説に基づく地球の気候変動や火山活動によるものとされていたが、今日それは巨大隕石が地球に衝突したことに引き起こされた気候や生態系激変が原因であるということが、世界中の研究者の間ではすでにコンセンサスとなっている。生命の起源をめぐる議論についても、自然発生説、化学進化説、斉一説と変遷を繰り返しているが、一般社会では必ずしもそれが広く認識されていない。どうやらわれわれ人類は相当強い思い込みに基づいて宇宙や世界や生命を理解してしまう癖から、なかなか抜けられないようだ。
 地球外生命体の存在や生命の起源をめぐるパンスペルミア説も、われわれの思い込みを前提に話を聞くと、非常識や非現実的なものに聞こえるが、科学的な検証を経て、今後それが定説になっていくことは十分にあり得る。もっともそれはこれまでのわれわれの思い込みとはかなりの乖離がある話になるため、それが常識として社会一般に広く受け入れられるまでには、相当のタイムラグが生じることは避けられそうもないが。
 生命はどのようにして始まったのか。そして、それはどこから来たものなのか。もし宇宙に「われわれは独り」ではないのであれば、今、われわれが地球規模で抱える諸問題にはどのような意味が出てくるのか。アストロバイオロジーの第一人者の松井孝典氏とともに、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

 
松井孝典 まついたかふみ
(千葉工業大学惑星探査研究センター所長)
1946年静岡県生まれ。70年東京大学理学部卒業。73年同大学大学院理学系研究科地球物理学専門課程修士課程修了。76年同大学院理学系研究科地球物理学専門課程博士課程修了。東京大学助教授、NASA研究員、マサチューセッツ工科大学招聘科学者、東京大学大学院教授などを経て2009年より現職。東京大学名誉教授。理学博士。著書に『天体衝突』、『スリランカの赤い雨』、『生命はどこから来たのか?:アストロバイオロジー入門』など 730_matsui
安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除