2013年8月31日
  • 文字サイズ
  • 印刷

5金スペシャル
霊魂と肉体: あの世とこの世を分かつもの

矢作直樹氏(東大病院救急部・集中治療部部長)
マル激トーク・オン・ディマンド 第646回

 5週目の金曜日に特別企画を無料でお届けする恒例の5金スペシャル。今回のテーマは「憑依(ひょうい)」。
 8月はお盆にお墓参りや迎え火、送り火などで、ご先祖様に思いをめぐらす時期だ。また、8月の6日、9日は広島、長崎の原爆の日、15日は終戦記念日、そして12日は500人以上が犠牲になった日航機墜落事故の日でもある。このように「生と死」を意識する機会の多い8月の5金スペシャルは、人の生と死についてこれまでとはやや異なる視点から考えてみたい。
 東大病院の救急救命医として大勢の生死の狭間にある患者を診てきた矢作氏は、「人には見える部分と見えない部分がある」と言う。実際にわれわれが見たり触れたりすることができる肉体と、目には見えないが恐らく肉体よりも大きな存在である霊体のことだ。霊や魂などの領域は、一般には心霊や超常現象などと呼ばれ、非科学的なものとして一蹴されることが多い。しかし、自身が医師でもある矢作氏は、人間の霊性の理解なくして人間を正しく理解することはできないと言い切る。
 われわれはとても限られているものだけを見ている可能性がある。目に見える現象部分に働きかける西洋医学や科学には一定の意味はあるが、それだけでは根本的な治癒には至らない場合多いのではないかと、矢作氏は問いかける。矢作氏自身が、西洋医学とは別にスピリチュアルヒーリングを行っている理由もそこにあるという。
 矢作氏は救急救命医として勤務する中で、実際に別人の霊に乗り移られた患者を何人も診てきたという。搬送されてきた患者に、医学的な疾患だけではない何かが憑いた状態になっていることが多いと言うのだ。「憑依かどうかは見れば大体分かる」と言う矢作氏は、霊魂や霊性というものは一種の波動のようなものであり、目に見えないけれども、確実にそこに在るものだと解説する。そして憑依は、他者の霊と別の人間の波動が一致した時に起こるものだという。
 人間とは何なのか。あの世とこの世の境目とは。生、死、そして霊とは。普段はあまり考える機会のないこうしたテーマを、ゲストの矢作とともに、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

  • ・和歌山カレー事件の鑑定ミスはなぜ起きたか
    報告:神保哲生
 
矢作 直樹やはぎ なおき
(東大医学部付属病院救急部・集中治療部部長)
1956年神奈川県生まれ。81年金沢大学医学部卒業。富山医科薬科大学、国立循環器病センター、滋賀医科大学集中治療部、東京大学大学院精密機械工学専攻教授などを経て2001年より現職。東大医学部救急医学分野教授を兼務。著書に『人は死なない』、『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』など。 646_yahagi
安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除