会員登録して完全版を視聴
会員登録して完全版を視聴
2024年01月18日公開

日本の政治の機能不全を露呈させた能登半島地震と裏金パーティ問題

ポリティコ ポリティコ (第19回)

完全版視聴について

会員登録して完全版を視聴
完全版視聴期間 2024年04月18日23時59分
(あと53日14時間49分)

概要

 2024年は1日に能登半島大地震、2日は羽田空港航空機衝突炎上事故と、相次ぐ悲しいできごとで幕を開けた。

 しかし、そのような危機にこそ迅速な対応が求められる政治は、年明け早々から現職の国会議員逮捕されるなどパーティ裏金スキャンダルに揺れ、岸田政権の当事者能力が問われる事態となっている。

 地震大国の日本では大地震は避けられないし、航空機事故も管制の指示の誤認などヒューマンエラーはいつ起きても不思議はない。しかし、問題は大地震が起きた時、救援体勢の構築やライフラインの復旧などを迅速に進めることで事後の被害を最小化し震災関連死をどれだけ防げるかにあり、それは政治と行政の手腕にかかっている。また、航空機事故にしても、機長が管制の指示を取り違えたり誤認した時、それが直ちに大事故につながらないようにするために、どれだけのセーフティネットが用意されているかが問われる。

 しかしながら年初に起きた震災と事故は、震災への備えや対応という意味でも、大事故を未然に防ぐためのセーフィティネットの整備という意味でも、今の日本がとても先進国とは言えないほど、不十分な対応しかできなくなっている実態を露呈することとなった。

 その危機的な状況に対して肝心の政治は、問題となっている現在の政治文化のど真ん中に居座る長老議員たちを幹部とする「政治刷新本部」なる、明らかに有権者をバカにしているとしか思えないようなアリバイ組織を作り、そこで今後の改革を議論するなどと言い出している。泥棒に泥棒を捕まえることなどできるはずがない。

 今回の一連のできごとは、単にパーティ収入が未記載だったことやキックバックが裏金化していたことにとどまらず、政治そのものがもはや完全に機能不全に陥っていることを強く印象づける結果となった。

 日本の政治はなぜこのような悲惨な状態に陥ってしまったのか。どこに真の原因があり、どうすれば本当の意味で今の政治を「刷新」することができるのか。

 政治ジャーナリストの角谷浩一とジャーナリストの神保哲生が議論した。

カテゴリー

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員限定の機能です

月額1100円で過去全ての放送を視聴。
月額550円で最新放送のみ視聴。

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について