2010年4月30日
  • 文字サイズ
  • 印刷

5金スペシャル 映画特集
豊かな国日本がかくも不幸せなのはなぜか

マル激トーク・オン・ディマンド 第472回

 5週目の金曜日に特別企画を無料放送でお届けする恒例の5金スペシャル。今回は、映画評論家の寺脇研氏をゲストに迎え、映画特集を生放送でお送りした。
 番組の前半で取り上げたのは、今年の米アカデミー賞で元夫婦監督による対決が話題を集めた『アバター』(ジェームズ・キャメロン監督)と『ハート・ロッカー』(キャスリン・ビグロー監督)。アメリカ在住の映画評論家・町山智浩氏も電話出演で参加し、片や最新3D技術を駆使した戦争アクション、片やドキュメンタリータッチのイラク戦争映画を通じて、そこに描かれる反省的なアメリカのセルフイメージを読み解きながら、傷ついたアメリカがどのように自己回復を図ろうとしているかについて語った。
 後半のテーマは打って変わって今の日本が抱える問題について議論。現在公開中の日本映画『ソラニン』(三木孝浩監督)に見る、日本の若者たちの閉塞感、先の見えない不安感はどこから来るものなのか。韓国映画の『息もできない』(ヤン・イクチュン監督)とメキシコ映画の『闇の列車、光の旅』(キャリー・ジョージ・フクナガ監督)と対比しながら、日本映画の貧しさを通して、社会が豊かになることで失われていくものについて考えてみた。

  • ・独法の仕分けは前回よりも慎重に行った
     仕分け人を務めた尾立源幸参議院議員に聞く
  • ・小沢一郎氏に検察審査会が起訴相当の判断
    ゲスト:郷原信郎氏(元検事・弁護士)

 

 
寺脇 研てらわき けん
(映画評論家、京都造形芸術大学芸術学部教授)
1952年福岡県生まれ。75年東京大学法学部卒業。同年文部省(現文部科学省)入省。広島県教育委員会教育長、大臣官房審議官、文化庁文化部長などを経て06年退官。07年より現職。著書に『韓国映画ベスト100 「JSA」から「グエムル」まで』、共著に『コンクリートから子どもたちへ』。 472_terawaki

 

安全保障関連法
沖縄米軍基地問題
スタッフ募集
  • 登録
  • 解除