[5金スペシャル]映画特集 マイケル・ムーアは終わったのか

マル激・トーク・オン・ディマンド マル激・トーク・オン・ディマンド (第335回)

完全版視聴について

現在のページで完全版をご視聴いただけます。 から会員費をお支払いただくことでご覧いただけます。
完全版視聴期間 期限はありません
公開日 2007年08月31日

ゲスト

ドキュメンタリー作家

1956年広島県生まれ。80年立教大学法学部卒業。86年よりテレビ番組制作会社『テレコムジャパン』(現テレコムスタッフ)に入社。ドキュメンタリーや報道番組を手がける。96年独立。98年『A』を発表。2001年『A2』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。著書に『放送禁止歌』、『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』、『視点をずらす思考術』など。

著書

概要

 5回目の金曜日は特別番組を無料でお送りする5金。今年3回目の5金は、ドキュメンタリー作家の森達也氏を招いての超辛口映画特集をお送りする。
 まずは、『華氏911』のマイケル・ムーアの新作『シッコ』について語り合う。ロジャー・アンド・ミー以来20年来のムーア信者を自称する神保氏が「今回はいいところは何も無し。マイケル・ムーアは終わった」と酷評したのに対して、「『華氏911』は最低だった」と断じる森氏は、「ドキュメンタリーに大切なメタファが戻ってきた」とむしろ今作品を評価し、そもそもドキュメンタリーとは何なのかをめぐる神学論争に発展。宮台真司は、作り手側に立つふたりに、「ドキュメンタリーの作り手は観客の欲望にどう応えるべきか」を問いかける。
 後半は、カリフォルニア州在住の映画評論家・町山智浩氏も電話で参加し、米国での『シッコ』の評価と、マイケル・ムーアの政治的背景、社会問題を扱った硬派な映画がハリウッドで制作されている理由を語る。
 『シッコ』の他、ブッシュ大統領の暗殺をドキュメンタリータッチで描き物議を醸している『大統領暗殺』、放送禁止語が乱れ飛ぶ『FUCK』、『グッド・シェパード』、『ルワンダの涙』、『ナイロビの蜂』、『ブラッド・ダイアモンド』など、最近話題のドキュメンタリーや実話を基にした社会派映画について、とことん語り合った。

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員用機能です。
会員の方はログイン
会員でない方は入会(月額550円)

カテゴリー

メインカテゴリー

サブカテゴリー

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について