2001年11月23日
  • 文字サイズ
  • 印刷

本当に言葉を失う前に

森達也氏
マル激トーク・オン・ディマンド 第38回

マル激トーク・オン・ディマンド38回目は、ゲストに映画監督の森達也氏を迎え、言葉狩りなどが横行する昨今の言論状況を議論した。
森氏は人々に考えることや想像することをやめて欲しくないとの思いを込めて、オウム真理教を真正面から取り扱った映画A、A2を制作したという。
本来ならば、私たちには想像する力があり、だからこそ世界はより豊かだったはずなのだ。公正さ、客観性さとは何か。分かり合えないはずの人々の共生、融和に私たちは何を学ぶのかを考えた。

  • 登録
  • 解除