[5金スペシャル]右翼も左翼も束になってかかってこい

マル激・トーク・オン・ディマンド マル激・トーク・オン・ディマンド (第326回)

完全版視聴について

現在のページで完全版をご視聴いただけます。 から会員費をお支払いただくことでご覧いただけます。
完全版視聴期間 期限はありません
公開日 2007年06月29日

ゲスト

漫画家

1953年福岡県生まれ。76年福岡大学人文学部フランス語学科卒業。76年『東大一直線』が週刊少年ジャンプに連載開始。以後、『東大快進撃』や『おぼっちゃまくん』などギャグマンガでヒットを連発する。93年、世界初の思想漫画と題して、週刊SPA!で『ゴーマニズム宣言』連載開始。96年『SAPIO』へ連載を移す。連載は『戦争論』や『沖縄論』などにまとめられ出版。現在、『SAPIO』で『ゴー宣暫』連載中。久々のギャグマンガ『遅咲きじじい』を連載中。最新著書は『ゴーマニズム宣言EXTRA パトリなきナショナリズム』。

著書

津田塾大学准教授

1970年愛知県生まれ。2003年パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。哲学博士。東京大学21世紀COE「共生のための国際哲学交流センター」研究員、東京外国語大学非常勤講師を経て、現職。著書に『国家とはなにか』、『カネと暴力の系譜学』など。『権力の読みかた』(仮)を7月ごろに刊行予定。

著書

概要

今年2回目の5金は、ジャーナリズム宣言を残して失踪中(?)の神保哲生抜きで、マル激司会の宮台真司が二人のゲストと徹底的に語り合う特別企画をお送りする。ゲストは、『ゴーマニズム宣言』でおなじみの漫画家小林よしのり、国家やナショナリズムについて鋭い評論を発表している新進気鋭の哲学者、萱野稔人津田塾大学准教授の両氏。
「ワシの本をどう読んだら、『嫌韓流』に向かうのか。ワシは誤解されとるのよ」と勘違い右傾化を嘆く小林氏。小林氏と同席しただけで「友人の何人かは口を聞いてくれなくなる」と悲壮な決意で参加した萱野氏。2人のくせ者論客をどのように仕切るか、宮台真司の司会ぶりも要注目。
「今日は、右も左も切り刻むことになる」と宮台真司が不敵に笑ってスタートした鼎談は、小林氏の沖縄へのこだわりから始まり、右派左派の欺瞞から、ナショナリズムと格差社会へと、縦横無尽に広がっていった。

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員用機能です。
会員の方はログイン
会員でない方は入会(月額550円)

カテゴリー

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について