2017年7月22日
  • 文字サイズ
  • 印刷

石破政権を展望する

石破茂氏(衆議院議員)
マル激トーク・オン・ディマンド 第850回(2017年7月22日)

 安倍政権の支持率が危険水域と言われる30%を割り込む中、自民党の石破茂衆院議員の去就に注目が集まっている。

 ポスト安倍候補の中にあって、政権で枢要な役職に就いている他の候補たちが身動きが取れずにいる中、昨年の内閣改造で入閣を固辞して無役の道を選んだ石破氏だけが、明確に反安倍色を打ち出しているからだ。

 実際、今、石破氏の下には、多くの報道機関から安倍政権への批判的なコメントを求める取材依頼が殺到しているそうだ。

 しかし、石破氏はそのような安易な挑発には乗らないよう気をつけているという。安倍政権の支持率が高かった時は、石破氏がどんなに政権の問題点を指摘しても、それがメディアに取り上げられることはほとんどなかった。それが、支持率が下がり政権が苦境に陥ったかと見ると、手のひらを返したように容赦ない政権批判を繰り広げるメディアの姿勢には疑問を感じるからだという。

 しかし、かといって石破氏が安倍政権と一線を画した路線を提唱していることに変わりはない。

 石破氏は1項2項を残したまま自衛隊を明記するという安倍政権の弥縫策的な憲法9条の改正案には、あくまで批判的だ。憲法を改正するのであれば、世界でも有数の軍事力を誇る自衛隊を日本防衛のための軍隊と規定し、その権利と義務を明確にすべきだと石破氏は主張する。

 その一方で、日本がアメリカの軍事力に全面的に依存する形になっている日米同盟の現状も、より双務的なものに修正していく必要があることを認める。

 しかし、首相の座を狙っているのかと問われれば、石破氏ははっきりとそれを否定する。新人議員の時分に田中角栄元首相から、総理の座は自分から狙って取れるものではないと教えられたからだ。いつ天命が下ってもいいように準備はしておくが、自分から地位を取りに行くような真似はすべきではないというのが石破の美学なのだという。

 ポスト安倍のキーマン石破氏に、憲法観や政策的な主張、今後の展望などについて、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が聞いた。

 
石破 茂(いしば しげる)
衆議院議員
1957年鳥取県生まれ。 79年慶應義塾大学法学部卒業。同年三井銀行(現三井住友銀行)入行。83年退職。86年衆院初当選。93年自民党を離党、改革の会、新進党などを経て、96年に自民党復党。防衛相、農水相、幹事長などを歴任。当選10回。著書に『日本人のための「集団的自衛権」入門』、『日本列島創生論 地方は国家の希望なり』など。 850_ishiba

 

  • 登録
  • 解除