安倍政権はどこへ向かっているのか

マル激トーク・オン・ディマンド マル激トーク・オン・ディマンド (第314回)

完全版視聴について

放送終了したため、ご視聴いただけません。 から会員費をお支払いただくことでご覧いただけます。
完全版視聴期間 終了しました
公開日 2007年04月04日

ゲスト

弁護士

1962年大阪生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。NTT入社後、ボストン大学コミュニケーション学部大学院で修士号取得(企業広報論)。98年NTT広報部報道担当課長を最後に同社を退社し、参議院和歌山地方区補欠選挙で自民党から初当選。著書に『自民党改造プロジェクト650日』、『プロフェッショナル広報戦略』など。当選2回(和歌山地方区選出)。

著書

弁護士

1955年生まれ。東京大学教養学科卒。79年朝日新聞社入社。政治部員、ワシントン特派員、政治部デスクを経て、00年より政治担当編集委員。テレビ番組「サンデープロジェクト」のコメンテーターも兼務。著書に『安倍政権の日本』、『自民党と戦後―政権党の50年』など。

概要

 安倍政権発足から半年が過ぎた。
 中韓電撃訪問でアジア外交重視の姿勢を見せ、靖国参拝の是非も明らかにしないなど、就任直後の安倍首相は大方の予想を裏切って、総理就任前のタカ派色を覆い隠した曖昧路線を採用した。しかし、郵政民営化反対議員の復党問題やタウンミーティングでのやらせ質問、閣僚の不祥事、失言が相次ぐにつれ、支持率は徐々に低下する。今年2月に不支持率が支持率を上回ると、支持率低下に呼応するかのように、首相本来のタカ派路線を前面に打ち出し始めた。
 安倍総理の広報担当補佐官を務める世耕弘成氏は、総理自身のタカ派路線と参院選挙を控えた支持率低下の狭間で、世論対策の苦労を垣間見せる。番組前半は安倍内閣支持率回復のカギを握る世耕氏に、官邸の中から見た安倍政権の半年間を聞いた。
 また、番組後半は朝日新聞編集委員の星浩氏に、安倍政権の歴代内閣との比較や、参議院選挙と小泉構造改革路線継承の難しさを聞いた。

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員用機能です。
会員の方はログイン
会員でない方は入会(月額550円)

カテゴリー

メインカテゴリー

サブカテゴリー

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について