再放送リクエスト
ご要望が多い放送を順次再放送します。
再放送を希望される理由や放送内容への感想を添えてご連絡ください。

日本は難民を受け入れない国から難民を送り返す国になるのか

マル激トーク・オン・ディマンド マル激トーク・オン・ディマンド (第1049回)

完全版視聴について

単品購入で完全版(123分)を視聴可能

から会員費をお支払いただくことでご覧いただけます。
完全版視聴期間 終了しました
公開日 2021年05月15日

ゲスト

元入国管理局職員、未来入管フォーラム代表

1964年神奈川県生まれ。89年東洋大学経営学部卒業。89年公安調査庁入庁。2001年より東京、横浜、羽田などの入国管理局で入国審査官として勤務。2019年退職し、入管問題救援センター(現・未来入管フォーラム)を設立し代表に就任。同年、神奈川大学大学院法学研究科修士課程修了。

概要

 日本は「難民の地位に関する条約」(通称国連難民条約)のれっきとした批准国だ。条約に基づき、人種や宗教、国籍、政治的な意見のため母国で迫害を受けるおそれがある人が保護を求めてきた場合、これを保護する義務がある。しかし、日本は世界の中でも異常といって差し支えがないほど難民受け入れのハードルが高い。ちなみに「移民」受け入れの是非はそれぞれの国の政策判断だが、「難民」の受け入れは国際条約上の義務だ。もし難民を受け入れたくなければ、条約から脱退するしかない。

 ところが日本には、どうやら世界とは異なる独自の難民の定義があるようだ。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によると、2018年、1万9,514人の外国人が日本に難民申請を行ったが、条約上の難民として認定されたのは42人で、認定率(申請者に対する認定者の割合)は0.22%だった。これがどれだけ国際基準から逸脱しているかというと、例えば同じ年、アメリカは30万9,083人の難民申請者に対し認定された難民が3万5,198人(認定率=11.4%)、イギリスは5万2,575人に対し1万2,027人(認定率=22.9%)、ドイツは31万9,104人に対して5万6,583人(認定率=17.7%)、フランスは18万2,267人に対し2万9,035人(認定率は=15.9%)だった。日本は数にして欧米の数千分の1、認定率でも数百分の1程度しか難民を受け入れてきていないのだ。

 そもそも極端に低い認定数や認定率も大いに問題だが、日本政府から難民申請を却下された99.9%超の外国人の扱いが更に深刻な問題を孕んでいる。彼らは基本的に不法滞在者となり法務省の入管施設に収容されるが、その施設の環境が劣悪で、2007年以降17人の外国人が収容施設で死亡している。最近では収容施設での新型コロナウイルス感染症の集団発生も報告されている。また3年を越える長期収容者も多く、これもまた国連を始め国際的人権団体などから度々問題視されてきた。

 ところが、その日本の入国管理制度が更に「改悪」される法案が、今にも国会で成立しようとしている。出入国管理法の改正案は現在与野党で修正協議が行われているが、その成否にかかわらず与党は早ければ来週中にも衆議院の法務委員会で採決に持ち込む構えを見せており、是が非でも今国会で改正案を成立させる腹づもりのようだ。

 法務省は現行の入管法の下では政府の強制送還の権限が弱いため、難民として認定されなかった外国人がそのまま不法滞在者として国内に残ってしまう。結果的に入管の収容施設に収容されている不法滞在者の数が、3000人を越える事態となっているという。そのため、今よりも容易に強制送還が可能になる制度に変える必要があるのだと、法務省は改正案の立法趣旨を説明している。

 具体的には現行法の下では難民申請者が何度申請を却下されても、申請を繰り返しているうちは本国への強制送還はできないことになっているところを、3回難民申請を却下された外国人については強制送還が可能になる。

 そもそも現行法の下で難民認定を申請して外国人を強制送還できないのは、難民の可能性がある外国人は本国で迫害される恐れが否定できないので、仮に自分が難民であることが証明できていなくても、そのような恐れがある外国人を本国に送り返してはならないという、難民条約の趣旨に沿った制度になっているに過ぎない。ところがこの改正案が成立すれば、本当の難民を命の危険に晒す恐れのある本国に送り返してしまう危険性が大幅に増してしまう。

 また、今回の改正案では、これまで国際社会から繰り返し指弾されてきた日本の入管法の問題点は、実質的に何ら改善されていない。そこにさらに難民の本国への強制送還をより容易にする改正が行われてしまえば、日本の入管制度のみならず、日本の人権感覚に対する信頼は根本から損なわれることは必至だ。

 入国管理局の入国審査官として18年間入国管理行政に携わってきた木下洋一氏は、自身の経験から、入国管理に関わる裁量が入国管理局に一手に握られ、裁判所を含めた外部からのチェックが全く入らない仕組みになっているところに日本の入管行政の根本的な問題があると指摘する。また、外部からチェックを受けない入国管理局内では、多くの難民を認定する審査官よりも、厳しい審査を行い申請を却下する審査官の方がより評価される価値基準が支配的なのだと語る。

 日本は難民を母国に強制送還することで、彼らの生命を危険に晒す国になってしまうのか。そもそもなぜ日本はこうまで難民を受け入れようとしないのか。にもかかわらずなぜ日本は難民の保護を義務づける条約には加盟しているのか。入国管理のあり方に疑問を持ち、2年前に入管を退職し、今は不法滞在外国人の支援をする団体を主宰する木下氏と、ジャーナリストの神保哲生、社会学者の宮台真司が議論した。

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員用機能です。
会員の方はログイン
会員でない方は入会(月額550円)

カテゴリー

メインカテゴリー

サブカテゴリー

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について