再放送リクエスト
ご要望が多い放送を順次再放送します。
再放送を希望される理由や放送内容への感想を添えてご連絡ください。

地震活動期に入ったとみられる日本列島の下でいま起きていること

マル激トーク・オン・ディマンド マル激トーク・オン・ディマンド (第1080回)

完全版視聴について

単品購入で完全版(104分)を視聴可能

から会員費をお支払いただくことでご覧いただけます。
完全版視聴期間 終了しました
公開日 2021年12月18日

ゲスト

東京工業大学理学院地球惑星科学系教授

1976年茨城県生まれ。98年東北大学理学部卒業。2003年東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程修了。博士(理学)。東北大学地震・噴火予知研究観測センター助教、准教授を経て、15年より現職。専門は沈み込み帯の地震・火山テクトニクス。著書に『日本列島の未来』、『日本列島の下では何が起きているのか 列島誕生から地震・火山噴火のメカニズムまで』。

著書

概要

 最近やや大きな地震が増えていると感じている方も多いのではないか。

 今年に入ってから震度5以上を記録した地震が既に10回発生している。うち6回は震度5強だった。直近では12月9日にトカラ列島近海を震源とする震度5強・M6.1(マグニチュード6.1)の地震が、12月3日には富士山麓の山梨県富士五湖地方と紀伊水道地方でそれぞれ震度5弱・M4.8、震度5弱・M5.4が、10月6日~7日には岩手県沖と千葉県北西部でいずれも震度5強・M5.9の地震が発生している。

 日本が世界に冠たる地震大国であることは今さら説明の必要はなかろうが、世界地図と地震の発生図を重ね合わせて見たとき、国土の全体が地震多発地帯に入っているのは世界でも日本くらいだ。日本列島が、太平洋プレート、オホーツクプレート、ユーラシア(アムール)プレート、フィリピン海プレートの4つのプレートが重なり合う、まさにプレートのスクランブル交差点のような位置にあり、それぞれのプレート間の沈み込みによって発生する地震が多発するのは、どうあがいても避けられないことだが、そんな日本に住んでいる以上、地震について最低限のことは知っておく必要があるだろう。

 地震大国の日本では約100年周期で地震活動期と静穏期が繰り返されてきた。地震学者の中島淳一・東京工業大学理学院地球惑星科学系教授によると、一旦大きな地震が起きると、そこで大量のエネルギーが放出されるため、暫くその地域は地震の静穏期に入る。しかし、静穏期が100年ほど続くと、プレートの移動によって少しずつ地盤に歪みがたまり、そのエネルギーが断層のずれという形で放出され始めることで、再び地震の活動期に入る。

 地震学に基づく観測が実際に行われるようになったのは明治に入ってからだが、それ以前の地震についても古文書などを通じてある程度の年代、震源域、規模などは推定できているという。それによると、まず関東地方では推定マグニチュード8を越える元禄関東地震が1703年に発生し、その後日本は地震静穏期に入ったとみられる。そして、1800年頃から再び活動期に入り、1923年の大正関東地震(いわゆる関東大震災)で大量のエネルギーを放出したことで、再び静穏期に入ったと考えられている。

 これは関東地方に限ったことではないが、日本の地域の多くでは、概ね100年に1回のペースで大きな地震に見舞われ、それによって大きなエネルギーが一旦放出されると次の100年は一旦、静穏期に入る。そしてまた100年程で活動期が始まり、次の大きな地震まで活動期が続く。そんなことが繰り返されているのだという。

 そうした中、今日本で一番懸念されているのが、ひと頃はテレビなどでも随分と特集が組まれたりしていたのに、最近とんと耳にしなくなった感のある南海トラフ地震だ。しかし、これが起きる確率は依然として非常に高いと中島氏は言う。

 伊豆半島の西から紀伊半島沖を通って四国の高知県沖から玄界灘、そして九州東岸にいたる「南海トラフ」は、フィリピン海プレート(海洋プレート)とユーラシア・プレート(大陸プレート)がぶつかり合う場所で、ここで海洋プレートが大陸プレートの下に年間数cmから10cm程度のゆっくりとしたペースで沈み込んでいる。ここで引きずりこまれた大陸プレートの先端部にひずみがたまり、それが100年~200年ぐらいの周期で跳ね返る現象によって引き起こされるのが「海溝型地震」というもので、これは非常に大きな地震になる可能性が高い上、大津波を発生させる恐れがあるため、南海トラフ地震では大きな被害が出る可能性が懸念されている。

 古文書などの解析を通じた推定では、南海トラフでは紀元684年の白鳳地震(推定M8.3)からマグニチュード8を越える地震がほぼ200年おきに発生しており、その周期は紀元1300年以降はほぼ100年ごとに短縮されている。1605年に慶長地震(M7.9)、1707年に宝永地震(M8.6)、1854年に安政南海地震(M8.4)、1946年に昭和南海地震(M8.0)と言った具合だ。国土交通省の地震調査研究推進本部地震調査委員会では南海トラフで過去1,400年の間に約90~150年の間隔で大地震が発生しているため、次の地震までの間隔を88.2年と予測した上で、南海トラフを震源とするマグニチュード8~9クラスの地震が30年以内に発生する確率を70~80%(2020年1月24日時点で)としている。これは、かなり高い確率だ。

 東日本大震災から10年が経ち、コロナ禍のせいもあってか、最近は大地震のリスクはあまり話題にならなくなっているが、依然として南海トラフに相模トラフを加えた東南海地震のリスクが非常に高いことは、しっかりと認識しておく必要があるだろう。

 地震への備えを怠らないためにも、また地震を正しく恐れそのリスクを正しく見積もるためにも、中島氏に地震のメカニズムの基本から、最近の地震はどのくらい懸念すべきものなのか、今日本列島の下で何が起きているのかなどについて、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が聞いた。

ディスカッション

コメントの閲覧、投稿は会員用機能です。
会員の方はログイン
会員でない方は入会(月額550円)

カテゴリー

メインカテゴリー

サブカテゴリー

月額550円で最新放送を視聴

毎週の最新放送の視聴、会員限定放送の視聴、コメントの閲覧と入力が可能になります。>入会について